« 神無月十二日の歌 | トップページ | 神無月十四日の歌 »

2006年10月13日

神無月十三日の歌

若狭より鯖運びたる道を辿り京の都に秋の日は暮れぬ


 

0610131

 

仕事で京都に来ている。天気はいつものように上々。暑いぐらいの一日だった。

最初のロケーションは、京都と言っても綾部という、どちらかというと山の中の町だ。そこから舞鶴まで足を伸ばすことになり、夜遅くなってから、ようやく京都の祇園にあるホテルに入った。

0610132

最初の写真は、綾部の田園風景。次が京都タワー、そして祇園の街だ。

0610133

明日は大原あたりを散策して帰るつもりである。

そういえば、京都から綾部、舞鶴を通り、小浜まで至る道は、「鯖街道」 である。若狭湾で取れた鯖に塩をまぶし、夜も寝ないで京都まで運ぶと、ちょうど良い味になっていたため、鯖街道と呼ばれたという。

今回は、京都、大原、綾部、舞鶴と、奇しくも鯖街道に沿った地域を訪れる旅になるようだ。

|

« 神無月十二日の歌 | トップページ | 神無月十四日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月十三日の歌:

« 神無月十二日の歌 | トップページ | 神無月十四日の歌 »