« 神無月十四日の歌 | トップページ | 神無月十六日の歌 »

2006年10月15日

神無月十五日の歌

秋風の渡る日暮れは過ぎし日も明日も忘れむああ茜雲


昨日と一昨日が夏を思わせるほどの暖かい日だったのに、日曜の午後は、一転して、びっくりするほど冷たい風が吹いてきた。

ちょっと所用で外出したが、夕方になる前に、車の暖房を入れた。昨日は京都の大原を半袖のポロシャツ一枚でうろうろしていたのが嘘のようである。

夕暮れの頃、空はうろこ雲が茜色に染まり、うっとりするほどの美しさだった。空があんな風になるということは、上空の空気はかなり冷えているのだろう。

それにしても寒く感じるので、帰宅してから熱を測ったら、三十六度七分と出た。私の平熱は三十六度そこそこだから、もしかしたら微熱ということなのかもしれない。早めに寝ることにする。

|

« 神無月十四日の歌 | トップページ | 神無月十六日の歌 »

コメント

京都へおいでになっていたのですか?
観光されたのです。
ようこそ 京都へ(笑)

投稿: 七彩乃風 | 2006年10月16日 16時46分

七彩乃風 さん:

風さん、京都だったんですね。

ちょっと出かけるだけで、すごいところが一杯というのは、うらやましいなあ。

投稿: tak | 2006年10月17日 07時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月十五日の歌:

« 神無月十四日の歌 | トップページ | 神無月十六日の歌 »