« 霜月十三日の歌 | トップページ | 霜月十五日の歌 »

2006年11月14日

霜月十四日の歌

二日前木枯らし一号受けたるも色移ろわぬ神田の銀杏


都心に出てくるのは五日振りである。木枯らし一号はとっくに吹いたはずだが、神田のイチョウ並木は、少しだけ黄緑に近づいたとはいえ、まだ黄葉には程遠い。

昨日につくば周辺のイチョウ並木が、ほとんど黄色になっていた (参照) のと比べると、都心というのはよくよく温暖化しているのだとわかる。

季節の変わり目に、休日もなくあちこち動きすぎたためか、ちょっと風邪気味なのではないかと思っているのだが、たいしたこともなく、今日も相変わらず、あちこちバタバタしている。

今夜を境に、北風が吹き始めて、明日は寒い一日になるという。

|

« 霜月十三日の歌 | トップページ | 霜月十五日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霜月十四日の歌:

« 霜月十三日の歌 | トップページ | 霜月十五日の歌 »