« 神無月三十一日の歌 | トップページ | 霜月二日の歌 »

2006年11月 1日

霜月一日の歌

朝 (あした) にはこりりとかたく噛みし柿を昼には易くさくりとぞ食む


今日から十一月だ。今年が終わるまで、あとたったの二ヶ月。何となく、心が急かされてしまう。

先月の十八日にも書いたが、今年のつくば周辺は柿が豊作だ。あちこちの柿の木に赤い柿のみがたわわに実っている。

自分の庭の柿の木に成った大量の実が食べきれるわけもなく、あちこちにお裾分けの大攻勢だ。我が家も、ご近所からいただいて、連日二個も三個も食べさせられる。

今日も朝食のデザートのように柿が一つ添えられていたのを食べ、昼食にもまた一つ出てきた。面白いことに、朝に食べた柿はまだ堅くてこりこりとした歯触りだったのに、昼に出たのは、もう少し柔らかくしっとりとしていた。

同じ家から同じ日にもらった柿だから、たった四時間ほどで、熟し加減が進んだもののようだ。

柿というのは、こんな風にどんどん熟してしまうから、食べ頃が本当に短い。放っておいたら、あっという間にゼリー状になってしまう。そんなわけで、連日柿責めが続く。

|

« 神無月三十一日の歌 | トップページ | 霜月二日の歌 »

コメント

これは擬音語がとてもよいリズムとなっていますね。
短歌の中に擬音をいれるというのは
とても勇気がいります。私などはとてもとてもこわくて・・・。
何故か高村光太郎の智恵子抄を思い出しました。
智恵子がレモンをかじる下りです。

投稿: 順 | 2006年11月 4日 14時45分

順さん:

私とて、なかなかそんな冒険を犯したくはなかったんですが、いろいろいじくり回している内に、いつの間にか、こうなってしまいました。
(この歌、結構手間がかかってます)

「噛みし」 と 「食む」 も、ちょっと思い切りました。

>智恵子がレモンをかじる下りです。

「がりり」 ですね。

10月 5日は、智恵子の命日にちなんで、「レモンの日」 なんだそうです。

10月 5日にこれを読まなくてよかった。

投稿: tak | 2006年11月 4日 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霜月一日の歌:

« 神無月三十一日の歌 | トップページ | 霜月二日の歌 »