« 霜月二十七日の歌 | トップページ | 霜月二十九日の歌 »

2006年11月28日

霜月二十八日の歌

この雨は出羽路の風に晒されて白雪となり峠を染むらむ


今朝の首都圏は、京王線、JR 京浜東北線、常磐線のトラブルで、かなり交通機関が混乱した。私も、普段は一時間半で着ける神田の出先まで、二時間半かかって、ようやく到着した。

着いてみれば、都心も小糠雨が降ったり止んだりという、はっきりしない天気である。明日は天気が持ち直すようだが、私は、明日の朝から車で帰郷する。

東北の日本海側は、雨になるようで、昨日も書いたことだが、峠越えは雪を覚悟しなければならないだろう。

うまく行けば、いや、うまく行けばというのは、おかしいが、もしかしたら、一足早い雪景色の写真をお届けできるかもしれない。

|

« 霜月二十七日の歌 | トップページ | 霜月二十九日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霜月二十八日の歌:

« 霜月二十七日の歌 | トップページ | 霜月二十九日の歌 »