« 師走十七日の歌 | トップページ | 師走十九日の歌 »

2006年12月18日

師走十八日の歌

木枯らしに舞ひて小路の奥深く入り込むもあり銀杏散り行く 


今日は朝からいい天気である。その代わり、明け方はかなり冷え込んだが。

この冷え込みが効いたものか、神田のイチョウ並木もようやく黄葉して、あっという間に盛大に葉が散り始めた。

気付いてみれば、もう十八日。いよいよ年の瀬である。これからは、時の経つのが目が廻るほど早くなる。

そういえば、年賀状もまだ書いてないし、大掃除もしなければ成らない。その前に、仕上げなければならない年末進行の原稿もある。

ああ、正月を迎えるまでは、バタバタと駆け回らなければならない。

|

« 師走十七日の歌 | トップページ | 師走十九日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走十八日の歌:

« 師走十七日の歌 | トップページ | 師走十九日の歌 »