« 師走十日の歌 | トップページ | 師走十二日の歌 »

2006年12月11日

師走十一日の歌

柿の実のたわわなりしのたちまちに消えてただ聞く椋鳥の声


暖かいというほどではなく、これが普通の冬の陽気なのだろうが、昨日までに比べれば、寒さが和らいで、風の当たらないところでは日溜まりができていた。

土手の道を散歩すると、つい先日まで鈴なりだった柿が、全部なくなっていた。いつの間にか、鳥たちがついばんでしまったらしい。

それでも、習慣でやってくるのだろうか。椋鳥の声が騒々しく響き渡っている。

故郷の酒田の天気予報は、今日と明日は晴れ間が出るようだが、それ以後はずっと傘と雪だるまのマークがついている。季節が確実に一段階進んだようだ。

|

« 師走十日の歌 | トップページ | 師走十二日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走十一日の歌:

« 師走十日の歌 | トップページ | 師走十二日の歌 »