« 師走二十三日の歌 | トップページ | 師走二十五日の歌 »

2006年12月24日

師走二十四日の歌

紛れもなく菜の花色の菜の花の狂ひ咲く夜はクリスマス・イブ


昨日から陽気がよくなって、今日も何となく暖かい。車は日光で暖められてしまって、暖房が要らない。

午後二時頃には車内がむっとするほど暑くなって、窓を開けて風を入れながら走ったほどだ。

関東に暮らしている以上、ホワイトクリスマスなどは全然期待しないが、この暖かさのままでクリスマス・イブに突入となると、ちょっと妙な気もする。

田んぼの畦道では菜の花が狂い咲きしていて、ちょっと驚いた。今年はよほどの暖冬ということなのだろうか。

それとも、去年の豪雪・寒波があったので、自然は二年がかりで帳尻を合わせるということなのだろうか。

|

« 師走二十三日の歌 | トップページ | 師走二十五日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走二十四日の歌:

« 師走二十三日の歌 | トップページ | 師走二十五日の歌 »