« 師走四日の歌 | トップページ | 師走六日の歌 »

2006年12月 5日

師走五日の歌

我を見ず我よりも見えず足下を土竜は今も掘り進みゐる


今日は少しは寒さが和らぐかと思っていたが、そんなこともなく、相変わらず気温は上がらない。といっても、これが普通の冬の天気ということなのだろう。

最近は、暖冬に馴れすぎかもしれない。

土手の所々に、茶色の土が少しだけ盛り上がっているのが見える。モグラの穴である。

平地だと土がもう少し盛り上がって 「モグラ塚」 という言葉にふさわしい形になるが、土手の斜面だと、この程度の 「モグラ穴」 になる。

あちこちに 「モグラ穴」 がある割には、モグラそのものは、以前にちらりと見たことがある程度で、はっきりした印象というのは、全然ない。

そこら中にいるのは確かなのだが、私にとっては幻の生き物である。

|

« 師走四日の歌 | トップページ | 師走六日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走五日の歌:

« 師走四日の歌 | トップページ | 師走六日の歌 »