« 睦月三日の歌 | トップページ | 睦月五日の歌 »

2007年1月 4日

睦月四日の歌

あらたまの年明けてなほ仏道を護る剣こそ不動なりけれ


ようやく初詣に行ってきた。行った先は、板橋不動尊というところ。

車で行く途中、近くの産土神社にまずお参り。本来は、産土神社にお参りするのが初詣なのだともいうし。

板橋不動尊は、正式には、清安山願成寺不動院という。大本堂、三重の塔、楼門は県指定の重要文化財で、本尊の不動明王 (写真) は、昔は国宝に指定されていたこともあったらしい。

三が日の混雑を避けて、敢えて今日にしたのだが、それでも結構な人出で、駐車場に入るのに順番待ちだった。

一昨年の正月五日は、同じ板橋不動尊に詣でて、次のように詠んでいる (参照)。

両刃なる剣持てばこそ不動にて明王は切らざれ我をも彼をも

今年の歌の本歌みたいな歌である。

|

« 睦月三日の歌 | トップページ | 睦月五日の歌 »

コメント

私の守り本尊が<不動様>ですので、
なんとなくいつも心の中に意識として仰いでおります。
両刃の刃は自分の心の内にもと。
私の初詣は鎌倉・円覚寺さんでした。
庄内様の今年の御多幸を祈念いたします!

投稿: 歩遅子 | 2007年1月 5日 10時17分

歩遅子 さん:

コメント、ありがとうございます。
不動明王というのは、本当に奥が深いと思います。

投稿: tak | 2007年1月 5日 13時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 睦月四日の歌:

« 睦月三日の歌 | トップページ | 睦月五日の歌 »