« 睦月二十日の歌 | トップページ | 睦月二十二日の歌 »

2007年1月21日

睦月二十一日の歌

大寒を過ぎし土には僅かにも溢るるまでに殖ゆるものあり


大寒の昨日ほどではないが、今日も風が冷たい。それでも、土手を歩いてみると、菜の花の葉が瑞々しく育ち始めている。

今日の写真は、土手にはいつくばるような (さすがに実際にははいつくばってないが) 低い視線で撮った。だから、かなり大きく育っているように見える葉も、膝の位置よりずっと低い。

この小さな葉が、春になると見事な菜の花を咲かせる。冬のうちにも、花の命は着々と準備を進めている。それで、この季節を 「殖ゆ、増ゆ」 と言ったのだろう。いにしえ人の言葉センスには、超絶的なものがある。

土手の向こう側には、工事用のブルドーザーやパワーショベルが見える。

|

« 睦月二十日の歌 | トップページ | 睦月二十二日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 睦月二十一日の歌:

« 睦月二十日の歌 | トップページ | 睦月二十二日の歌 »