« 睦月二十六日の歌 | トップページ | 睦月二十八日の歌 »

2007年1月27日

睦月二十七日の歌

国道の彼方に一番星は出でて宵のパレード率ゐて光る


出先から車で帰路を辿るうちに、日が延びたとはいえ、やはり家に着く前に暮れてしまった。

つくば学園都市の国道は、夕暮れのラッシュ時だった。国道の延びるその先に、一番星が光り始めるのが見えた。

我々は、幸運の一番星に向かって遙かに伸びるパレードである。

さて、明日は朝早くから妻と酒田に帰らなければならない。この冬は雪が少ないので、本当にありがたい。

|

« 睦月二十六日の歌 | トップページ | 睦月二十八日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 睦月二十七日の歌:

« 睦月二十六日の歌 | トップページ | 睦月二十八日の歌 »