« 睦月十三日の歌 | トップページ | 睦月十五日の歌 »

2007年1月14日

睦月十四日の歌

ひむかしをまず赤く染めしかる後白く射照らし冬の日は出でぬ


所用で夜明け前に車で家を出て、日が暮れてから戻ってきた。日中は晴れていたようだが、全然外に出ていないので、今日撮った写真は、夜明け前の東の空を写したこれだけである。

今日の日の出は、六時四十分過ぎ頃。その二十分前頃から、東の空が赤く染まり始め、その上に三日月が輝いていた。

写真を撮ろうと車のウィンドウを開けると、夜明け前の空気が冷たく、頬に心地よい。しかし、いつまでも開け放していると、ゾクゾクするほど寒い。それでも、しばらく窓を開けたまま見とれていた。

さて、十六、十七日の両日は熊本に出張。週間天気予報をみると、あれあれ、この二日間だけ曇り時々雨ということになっている。ふぅむ、晴れ男としては、本当に本当に滅多にないことだが、出張先で傘をさすことになるのかかあ。

|

« 睦月十三日の歌 | トップページ | 睦月十五日の歌 »

コメント

素晴らしいお写真!心身が引き締まる気がいたします。
お歌も厳寒の日の出を詠じて、クールで荘厳!良いですね!

投稿: 歩遅子 | 2007年1月15日 12時15分

歩遅子 さん:

確かに、心身が引き締まる光景でした。

おほめいただき恐縮です。
これはどちらかというと、歌の腕より、素材の勝ちですね。

投稿: tak | 2007年1月15日 14時30分

あいたたた!

文法間違ってたので、直しました。

投稿: tak | 2007年1月15日 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 睦月十四日の歌:

« 睦月十三日の歌 | トップページ | 睦月十五日の歌 »