« 睦月二十七日の歌 | トップページ | 睦月二十九日の歌 »

2007年1月28日

睦月二十八日の歌

昨冬の雪の記憶の新しき目には冬とも見えぬ山越え


朝、つくばを発って、酒田に来ている。

心配していた雪の影響はまったくなし。途中、最も難所となるはずの国道百十二号線、通称 「六十里越え街道」 も、道端に除雪された雪があるものの、拍子抜けするほどスムーズに超えられた。

「この程度の雪だったら、子供の頃の酒田市内よりまだ少ないね」 と、妻と話しているうちに、山越えは終わり、平地に降りると、まったく雪がない。

とてつもない豪雪だった前の冬シーズンと、足して二で割ればちょうどいいのだが、自然というのはえてして、こうして偏った現れ方をしてみせる。

写真は、六十里越え街道の途中から、月山山頂方向を撮ったもの。彼方に城っぽく移っているのが、雪を戴いた月山山頂付近の稜線である。

|

« 睦月二十七日の歌 | トップページ | 睦月二十九日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 睦月二十八日の歌:

« 睦月二十七日の歌 | トップページ | 睦月二十九日の歌 »