« 如月二日の歌 | トップページ | 如月四日の歌 »

2007年2月 3日

如月三日の歌

節分の光を浴びる一日の白く空きをり我が予定表


今日は節分。ということは、自動的に明日が立春。

久しぶりに、何の予定も入らないのんびりした休日だ。娘たちは、友達と恵方巻を食べるなどと言ってでかけた。

例年、立春になると 「暦の上ではもう春ですが、まだまだ身を切るような寒さ」 などというのがテレビやラジオでの枕詞になるが、今年は、立春の前からもう春のような日射しである。

とはいえ、午後三時を過ぎた頃から急に風が冷たくなり、少しは冬らしくなった。

写真は、我が家の裏の小川の土手から撮ったものである。向かって右側の土手の向こうに、ちらりと見えているのが、現在新しく作っている土手だ。

これが完成すると、川幅が約二倍になり、小川ともいえないものになる。小川のうちに、証拠写真をせいぜい撮っておこう。

|

« 如月二日の歌 | トップページ | 如月四日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 如月三日の歌:

« 如月二日の歌 | トップページ | 如月四日の歌 »