« 如月二十三日の歌 | トップページ | 如月二十五日の歌 »

2007年2月24日

如月二十四日の歌

遅咲きの我が庭の梅この春は弥生を聞かずはや咲きにけり 


昨日隣の梅に誘われてほころびかけていた我が家の庭の梅が、一輪だけ開いた。

我が家の梅は超遅咲きなので、昨年は三月十七日、その前の年は三月十八日まで咲かなかったのだが、今年は驚異的に早い。

厳冬だった昨年がその前の年より早く咲いたというのは不思議なのだが、あるいは、急に暖かくなって気温差が大きくなった方が早く咲くのかもしれない。「休眠打破」 というらしい。

今年は 「休眠」 もなにもないような気がするのだが、もしかしたら、十二月頃のちょっとだけ寒かった頃を過ぎたあたりで、既に休眠打破されていたのかもしれない。この分だと、桜の咲くのも早そうだ。

|

« 如月二十三日の歌 | トップページ | 如月二十五日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 如月二十四日の歌:

« 如月二十三日の歌 | トップページ | 如月二十五日の歌 »