« 如月二十五日の歌 | トップページ | 如月二十七日の歌 »

2007年2月26日

如月二十六日の歌

凛とした冬の顔にて明けし空 昼待たずしておぼろとなりぬ


昨日からとても冷たい風が吹いて、冬に逆戻りしたような陽気だ。「寒い、寒い」 と言っていたが、天気予報によると、これで平年並みなんだそうだ。

体がよっぽど暖冬に慣らされてしまったようだ。早々と一輪だけ開いた我が家の梅も、急な冷え込みにびっくりしてしまったようで、後が続かない。

朝のうちの空は春のおぼろな青さではなく、凛とした冬の青さだったが、十時頃になると、だんだんぼんやりとしてきた。

この道の向こうに、朝のうちは筑波山がくっきりと見えていたが、この時間帯になると、かなり霞んでいるのがわかるだろうか。

明日から一日半、缶詰の会議。なんとか時間を見て更新してみようと思う。

|

« 如月二十五日の歌 | トップページ | 如月二十七日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 如月二十六日の歌:

« 如月二十五日の歌 | トップページ | 如月二十七日の歌 »