« 如月十日の歌 | トップページ | 如月十二日の歌 »

2007年2月11日

如月十一日の歌

昇り来る朝日の丸き輪郭を雑木林を透かし確かむ


早朝に発って車で水戸方面に向かう。夜明け前は、ところどころに深い霧が残り、慎重な運転を強いられる。

岩間を過ぎた辺りで、地平線から日が昇ってきた。朝日にまともに向かうと、まぶしくて運転できないほどだが、ちょうどよく、まばらな林の向こうに昇る日は、はどよく遮光されて、美しくみえる。

朝日が昇るに連れて、あちこちに残る霧が消え始める。交通量の少ない国道を、朝日を眺めながら悠々と走る。

そういえば、今日は建国記念の日だった。朝から日の丸とともに走ってしまったわけだ。

|

« 如月十日の歌 | トップページ | 如月十二日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 如月十一日の歌:

« 如月十日の歌 | トップページ | 如月十二日の歌 »