« 如月十四日の歌 | トップページ | 如月十六日の歌 »

2007年2月15日

如月十五日の歌

春空の彼方の山を見渡して高さ競へるベランダの木々


いつもの月なら十五日はまだ前半のうちだが、二月は短いから、もう後半に入ってしまった。

昨年は厳冬だったので、春の来るのが待ち遠しく、その分、一月と二月はとても長く感じたが、今年はあっという間である。

うかうかしているうちに、三月が来る。梅どころか、桜が咲いてしまう。そうこうしているうちに、夏が来てしまう。

そんなことを考えながら、神田の裏道を歩いていると、三階建ての建物の一番上のベランダから、ちょっとした樹木が威勢良くはみ出しているのを発見して驚いた。屋上緑化というのは聞いたことがあるが、これはベランダ緑化である。

うまく剪定して、これ以上大きくならないようにしてあげないと、ベランダが重さに耐えられなくなってしまうんじゃないかと、つい心配になった。

|

« 如月十四日の歌 | トップページ | 如月十六日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 如月十五日の歌:

« 如月十四日の歌 | トップページ | 如月十六日の歌 »