« 如月二十七日の歌 | トップページ | 弥生一日の歌 »

2007年2月28日

如月二十八日の歌

上野駅改札口を隔つれば別の風吹く別の春なり


缶詰め会議終了。まだ日のあるうちに、上野駅から常磐線に乗ることができた。

日中は、昨日よりは暖かくなったような気がしたが、ずっと屋内に閉じこめられていたので、実際のところはわからない。ただ、新宿方面からの電車に乗った人の印象からは、少なくとも寒風吹きすさぶ一日ではなかったようだ。

しかし、上野駅に着いてみると、さすがに少しイメージが違う。北関東や、東北上越、信越方面から着いた人、あるいはそちらに向かう人たちは、新都心方面よりは、確実に分厚いコートを着ている。

|

« 如月二十七日の歌 | トップページ | 弥生一日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 如月二十八日の歌:

« 如月二十七日の歌 | トップページ | 弥生一日の歌 »