« 如月六日の歌 | トップページ | 如月八日の歌 »

2007年2月 7日

如月七日の歌

黄昏の空もデジタルカメラにはトワイライトと映りたるなり


日がずいぶん長くなった。午後六時前に取手駅に着いて、ペデストリアンデッキに出ると、遠くの空が夕焼け色に染まって見えた。

「そういえば、こっちは西口なのだな」 という思いと、「立春を過ぎて、三日目になるのだな」 という思いが、同時に心に浮かんだ。

写真に写った映像をみると、私の目に映った実際の取手駅からの風景とは、また違ったイメージになっている。実際の空は、もっと無彩色に近い暗さだったように思う。

実際の景色が 「黄昏時」 という印象なら、この写真は、「トワイライト」 という感じになっている。写真も、ずいぶん嘘をつく。その嘘を楽しもうと思い、補正は加えずにそのまま載せてみた。

|

« 如月六日の歌 | トップページ | 如月八日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 如月七日の歌:

« 如月六日の歌 | トップページ | 如月八日の歌 »