« 如月二十二日の歌 | トップページ | 如月二十四日の歌 »

2007年2月23日

如月二十三日の歌

紅白の隣の梅に誘はれて我が遅咲きの梅もほころぶ 


隣の庭の梅が咲いている。隣の梅も決して早咲きというわけではないのだが、いつも我が家の庭の梅よりずっと早く咲く。

隣の梅は、ベースが白梅で、紅梅が接ぎ木されているようで、紅白が混じり合って咲く。それもまた趣向だろう。

我が家の梅は、隣の庭の梅が満開になった頃に、ようやく蕾がほころぶのだが、よくみると、もうほころびかけた蕾がある。

これは、我が家の梅としては驚異的に早い。過去の和歌日記を見ると、昨年は三月十四日、そして一昨年はなぜかそれよりも遅く三月十七日に蕾がほころんでいる。

ふきのとうほどではないが、梅の花も三週間ぐらい前倒しになっているようだ。この分だと、猫の冬毛が抜け始めるのも早そうだ。

|

« 如月二十二日の歌 | トップページ | 如月二十四日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 如月二十三日の歌:

« 如月二十二日の歌 | トップページ | 如月二十四日の歌 »