« 如月十三日の歌 | トップページ | 如月十五日の歌 »

2007年2月14日

如月十四日の歌

春雷は未だ来たらず坂東の北の山辺に窺ひゐるか


夕方から春の嵐になるという予報だったので、都内の仕事を早々に切り上げて帰宅の電車に乗った。

神田駅に向かう頃は、まだ雨も小降りで、風もそれほど強くはなかったが、常磐線は風に弱い。これまでも、ちょっと強風が吹くたびに、遅れたり止まったりしている。

今日は割合スムーズに取手駅まで着いたが、水戸方面からの上り電車にはそろそろ遅れが出始めているとのアナウンスがあった。ほうら、やっぱりね。

取手駅から車を止めてある駐車場までの道を辿るうちに、雨が小雨から本降りになりかけたが、傘はささずに済んだ。というわけで、今日はセーフ。明日は晴れるらしいが、風は強いという。

|

« 如月十三日の歌 | トップページ | 如月十五日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 如月十四日の歌:

« 如月十三日の歌 | トップページ | 如月十五日の歌 »