« 如月十七日の歌 | トップページ | 如月十九日の歌 »

2007年2月18日

如月十八日の歌

カーラジオ消して降りるもままならず亡き文楽の明烏聞き


旧正月。朝方は夕べからの雨が降り続いていたが、いつの間にか止んでしまった。

日が暮れてから車で帰ってきたので、天気の具合はわからないが、多分、いい天気になったのだろう。

途中のショッピングセンターで、休憩がてらコーヒーでも飲もうと、駐車場に入ったが、ラジオの寄席番組で文楽 (もちろん、黒門町の八代目。今の四角い顔の九代目はちょっとね) の 「明烏」 と 「愛宕山」 が始まった。

近頃、志ん生の話は時々聞くことができるが、文楽は本当に久しぶりだ。とくに、明烏は、絶品である。車から出もしないで聞き惚れているうちに、一時間近く経ってしまったので、そのまま帰ってきてしまったのであった。

|

« 如月十七日の歌 | トップページ | 如月十九日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 如月十八日の歌:

« 如月十七日の歌 | トップページ | 如月十九日の歌 »