« 弥生二十七日の歌 | トップページ | 弥生二十九日の歌 »

2007年3月28日

弥生二十八日の歌

道端に水仙咲きぬ小声にて我美しと呟く如く


夕方、都内から帰ってきて、駅の近くに借りている駐車場への道を辿ると、水仙が咲いていた。黄色のラッパズイセンである。

こうしてクローズアップでみると、確かに 「ラッパ」 という名にふさわしい形をしている。それにしても、こんなにもまじまじと水仙を見たのは、初めてのような気がする。

水仙は洋名はナルシサスというそうで、かのナルキッソスの神話に基づいている。花言葉は 「私は美しい」 というのだそうだ。うむ、確かに美しいが。

急に暖かくなって、いろいろな花がにわかに咲き始めた。取手近辺の桜も、ようやく三分咲きぐらいになった。

桜は開花してから一週間ほどで満開になるというが、今年はなかなか時間がかかる。最初の幾輪かが開花してから、また寒さが戻ったので、後に続く花がなかなか咲かなかったようだ。

我が家の梅の花は、今年はこんな風に、極端な形で二度に分けて咲いたため、いかにも満開という風情にならずに終わってしまった。桜はそんなにはっきりと二度に分かれないで、満開の姿を見せてもらいたいものだ。

|

« 弥生二十七日の歌 | トップページ | 弥生二十九日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥生二十八日の歌:

« 弥生二十七日の歌 | トップページ | 弥生二十九日の歌 »