« 弥生十五日の歌 | トップページ | 弥生十七日の歌 »

2007年3月16日

弥生十六日の歌

一日の暮るるはかくも早けれど春は何処に止まりゐるや


今日は東京で初雪が降ったらしい。これで、雪の降らなかった冬 (?) という記録は避けられた。

いったん来かけて遠ざかってしまった春を待ちわびると、季節の進むのがこんなにも遅く感じるのに、一日の暮れるのはこんなにも早い。

急ぎの仕事を必至に仕上げているうちに、窓の外はすっかり暮れてしまった。おかげで、今日はまともな写真が撮れなかったじゃないか。

というわけで、今日は、田んぼの向こうの県道を望んだところである。家路を急ぐ車のヘッドライトの白い光と、リアランプの赤い光が、滑るように流れている。

今月後半は、休日返上の暇なしの予定で、ブログの更新は至難の業となりそうだ。

|

« 弥生十五日の歌 | トップページ | 弥生十七日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥生十六日の歌:

« 弥生十五日の歌 | トップページ | 弥生十七日の歌 »