« 弥生二日の歌 | トップページ | 弥生四日の歌 »

2007年3月 3日

弥生三日の歌

僅かにも薄紅の色差しをりて白梅はなほ白梅なりき


久しぶりの休日だ。改めて庭に目をやると、梅の花が三分咲き以上になっている。

我が家の梅は遅咲きで、例年だと三月中旬にようやく咲き始めるのだから、三週間ぐらい前倒しで咲いていることになる。

うちの梅は白梅だとずっと思っていたのだが、こうしてみると、花によっては内側がずいぶん薄紅がかっている。ただ、全体としてみると、白梅に見えてしまうのだ。

三月に入ってから、下手すると二月中旬のぽかぽかと春めいていた頃よりも、ずっと寒いんじゃないかという日が続いている。この分だと、梅の咲いている期間が長くなるんじゃなかろうか。うれしいことである。

|

« 弥生二日の歌 | トップページ | 弥生四日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥生三日の歌:

« 弥生二日の歌 | トップページ | 弥生四日の歌 »