« 弥生十七日の歌 | トップページ | 弥生十九日の歌 »

2007年3月18日

弥生十八日の歌

咲き残る梅の一輪一輪をゆかしと思ふこの年の春


早朝、仲間達と水戸の偕楽園で観梅会と洒落たのだが、いくら寒の戻りが長く続いたとはいえ、案の定、梅は盛りを過ぎてしまっていた。

一昨年その前の年は素晴らしい梅の花盛りだったのだが、昨年は厳冬の影響で、ほとんど蕾見物に行ったようなものだった。

そして、今年はその反対に盛りを過ぎてしまったので、二年続けて、ちょっとした空振りである。

とはいえ、早朝の偕楽園はやはりすがすがしい。盛りを過ぎたとはいえ、ちらほらと咲き残る梅もあって、まあ、それほど捨てたものではない。こんなにも変則的な季節を耐えて、よくもまあ、今まで咲いていてくれたものである。ありがたいほどの気にさえなる。

まあ、来年は狙い澄まして、梅の満開の中を歩いてきたいものである。

|

« 弥生十七日の歌 | トップページ | 弥生十九日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥生十八日の歌:

« 弥生十七日の歌 | トップページ | 弥生十九日の歌 »