« 弥生八日の歌 | トップページ | 弥生十日の歌 »

2007年3月 9日

弥生九日の歌

高暗き寒の戻りの雲のもとただ輪郭をなぞる筑波嶺


今日も妙に寒い。先月の今頃より、ずっと風が冷たいような気がする。

もっとも、先月からずっと順調に暖かくなってしまったら、週明け頃には桜が咲いてしまってもおかしくないぐらいだから、自然は少し足踏みして調整しているのだろう。

田んぼの一本道の彼方に、筑波山の陰が見える。冬の間はもっと空気が澄み切っていたから、細部まで見えたが、さすがに、すこしぼんやりとしているので、春なのだという気がする。

桜の咲く頃には、この山影がもっとおぼろになってしまう。

朝から泊まりがけの仕事となるので、もしかしたら、更新が不定期になるかもしれない。いずれにしても、歌を詠むことに変わりはないので、最終的には毎日更新が続くようにしたい。

|

« 弥生八日の歌 | トップページ | 弥生十日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥生九日の歌:

« 弥生八日の歌 | トップページ | 弥生十日の歌 »