« 弥生十九日の歌 | トップページ | 弥生二十一日の歌 »

2007年3月20日

弥生二十日の歌

し残せしことのみ多く為し遂げしこと少なきを思へば彼岸


今日は久しぶりで渋谷に行った。もちろん仕事でだが。

近頃は山手線の西側に行くことが、月に一~二度あれば多い方で、まったく行かない月もある。とくに渋谷はあまり縁がなくなった。

地下鉄の明治神宮前とか、表参道とか、神宮前とかに行くことはたまにあるのだが、JR の渋谷駅で降りることは、本当に少ない。

たまに行くと、渋谷駅の構造の複雑さに、ちょっととまどってしまう。以前は決して迷わなかったものなのだが。

渋谷は大型の開発というのがあまりないので、駅を出てしまえば、それほど迷うこともなく、目的地に行けるのだが、それでも、細かい部分では年中変化している。

この街によく来ていた頃の自分を思うと、あまり進歩していないんじゃないかという気もしてくる。

|

« 弥生十九日の歌 | トップページ | 弥生二十一日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥生二十日の歌:

« 弥生十九日の歌 | トップページ | 弥生二十一日の歌 »