« 弥生三十一日の歌 | トップページ | 卯月二日の歌 »

2007年4月 1日

卯月一日の歌

はるばるとアジアの奥の砂漠より飛びに飛びたり山隠す砂


0704011_20210704110601

昼前に酒田を発って、つくばの里に帰ってきた。途中、山形道から東北道にかけて、遠くの景色がかすんでほとんど見えない。ところどころ、茶色の土ぼこりが舞っている。

周囲に乾いた畑があるわけでもない山の中である。これはどうやら、中国から飛んできた黄砂のようだ。

車のフロントガラスにも、土ぼこりがびっしりと付いている。ウォッシャー液で拭うと、窓の下の方に、なかば泥のようになって流れ落ちる。東北方面では黄砂の被害がひどいとは聞いていたが、これほどとは知らなかった。

写真は、東北道の吾妻パーキングの様子。ご覧の通り、ごく手前の里山の影がわずかに見えるだけだ。本来なら、その向こうに重なり合う山々が遙かに見渡せるのだが。

福島県を越えて栃木県に入った辺りから、ようやく周囲の山の姿がすっきりと見えるようになった。関東ではあまり黄砂のひどさは感じられないようだ。

韓国では黄砂警報が出されたらしい。中国の環境破壊は、年々酷くなっているんじゃなかろうか。

|

« 弥生三十一日の歌 | トップページ | 卯月二日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卯月一日の歌:

« 弥生三十一日の歌 | トップページ | 卯月二日の歌 »