« 卯月十九日の歌 | トップページ | 卯月二十一日の歌 »

2007年4月20日

卯月二十日の歌

春風に萌ゆる若葉を透かし見る川は豊けく広がりてあり 


今日はようやく春の陽気が戻った。近所を流れる小貝川の両岸は、若葉色に覆われている。

この季節の若葉の色をみると、本当に心が軽やかになるような気がする。

ただ、この陽気も土曜日までで、日曜から来週の前半までは雨になるようだ。菜種梅雨みたいなものかもしれない。

今日の晴天も、からりとした青空というよりは時々曇ってしまう湿っぽい晴れ方だ。やはり天気はあまり落ち着いていない。

急な出張の予定が入って、明日から神戸に発つ。日曜日の午前中は、屋外での撮影をしなければならないので、少なくとも、雨が降るのは午後からになってもらいたいなあ。

|

« 卯月十九日の歌 | トップページ | 卯月二十一日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卯月二十日の歌:

« 卯月十九日の歌 | トップページ | 卯月二十一日の歌 »