« 卯月八日の歌 | トップページ | 卯月十日の歌 »

2007年4月 9日

卯月九日の歌

何処にて散れる桜か菜の花の映る水面を流れ行きたり


裏の川にどこからか桜の花びらが流れてきた。もっとびっしりと流れているなら 「花いかだ」 と表現してもいいところだろうが、それほどの密度ではないのが残念だ。

それでも、岸の菜の花の映り込んだ水面を、桜の花びらがゆったりと流れていくのは、いかにも春の風情である。

ただ、春というのはうららかなだけではない。突如として春の嵐がやってくる。

午後二時過ぎに、一天俄にかき曇り、つむじ風が吹いて雷まで鳴り始めた。一時間ほどでまた日が射し始めたが、本当に春の天気は油断がならない。

|

« 卯月八日の歌 | トップページ | 卯月十日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卯月九日の歌:

« 卯月八日の歌 | トップページ | 卯月十日の歌 »