« 卯月十日の歌 | トップページ | 卯月十二日の歌 »

2007年4月11日

卯月十一日の歌

空は如何にかき曇りても歩道には躑躅の色の鮮やかに増ゆ


暖かめの日が続いて、東京神田の歩道では、ツツジの植え込みが花を開かせ始めている。前にも書いたかもしれないが、ツツジは千代田区の花なのだそうだ。

で、昼過ぎまでは晴れていたのだが、どんどん空が暗くなって、気温も下がってきた。天気予報では、午後から雨が降ることになっている。

夕刻からは、つくばでまた別の会議に出なければならないのだが、その頃には、もしかして雷雨になっているかもしれない。それは車での移動だからいいのだが、本当に、近頃の天気はめまぐるしい。

ツツジの花の時期は長い。これから初夏に至るまで、目を楽しませてくれるだろう。

|

« 卯月十日の歌 | トップページ | 卯月十二日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卯月十一日の歌:

« 卯月十日の歌 | トップページ | 卯月十二日の歌 »