« 卯月四日の歌 | トップページ | 卯月六日の歌 »

2007年4月 5日

卯月五日の歌

時ならぬ霙の後に日の射せば躑躅の花の芽吹きかけたり


みぞれの降った昨日とはうって変わった春の陽気。それでも、三月中旬頃だったのだそうだ。日射しのある分、気分的には暖かく感じたのかもしれない。

神田周辺の歩道の植え込みのツツジが、ところどころで芽吹きかけている。このまま順調にいけば、連休明け頃にはとてもきれいに咲きそろう。

ちなみに、ツツジは千代田区の花なんだそうだ。

ところで、帰りがけに眺めると、取手周辺の桜は、散り始めてはいるものの、まだまだ葉桜の様相にはなっていない。十分に花見を楽しめるレベルだ。

やはり、咲きかけてから気温が下がると、長く花が楽しめるというのは本当のようだ。

|

« 卯月四日の歌 | トップページ | 卯月六日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卯月五日の歌:

« 卯月四日の歌 | トップページ | 卯月六日の歌 »