« 卯月五日の歌 | トップページ | 卯月七日の歌 »

2007年4月 6日

卯月六日の歌

黄昏の小道に咲ける著莪の花 明くれば消ゆる露の如くに


駅の近く借りている駐車場から駅に向かう道の端に、珍しいきれいな花が咲いていたので、写真に撮っておいた。

家に帰ってから図鑑で調べると、「シャガ」 という花らしい。学名を 「アイリス・ジャポニカ」 というのだが、原産は中国ということだ。

小さな花なのだが、よく見ると妖艶なほどの美しさがある。別名を 「胡蝶花」 ともいうと書いてある。なるほどという気がする。

花は一日しかもたず、開花した翌日にはしぼんでしまうのだそうだ。いいタイミングで出会えたもののようだ。

|

« 卯月五日の歌 | トップページ | 卯月七日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卯月六日の歌:

« 卯月五日の歌 | トップページ | 卯月七日の歌 »