« 卯月十七日の歌 | トップページ | 卯月十九日の歌 »

2007年4月18日

卯月十八日の歌

選挙カーの連呼の響く空の下 色染め分けて躑躅咲きゐる


昨日よりもまだ寒い。冬に逆戻りのような天候だ。

天気というのは、自律的に平年値に近づこうとする傾向があるので、冬があの通りの暖冬だったために、今頃になって気温を下げて帳尻を合わせようとしているようだ。

とは言いながら、神田周辺の歩道の植え込みでは、千代田区の花であるツツジがどんどん花を開いている。区会議員選挙の選挙カーの連呼が小雨交じりの空の下、うるさく響く中、静かに着々と咲いている。

寒さが戻らなかったら、連休を前に満開になってしまうところだった。これでちょうどいい具合の頃合いに花の盛りになってくれるだろう。

一昨日に行った米沢では、多分、今頃開花し始めて、来週の連休前頃に満開になるだろう。日本列島は狭いようで広がりがある。

|

« 卯月十七日の歌 | トップページ | 卯月十九日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卯月十八日の歌:

« 卯月十七日の歌 | トップページ | 卯月十九日の歌 »