« 卯月十四日の歌 | トップページ | 卯月十六日の歌 »

2007年4月15日

卯月十五日の歌

黄昏に枝垂れ桜の咲き初めてことさら赤し固き蕾は


この辺りでは珍しい枝垂れ桜の写真を撮った。日暮れが近かったので、フラッシュをたいたら、ちょっと人工的な色になってしまったが、それはそれで、ちょっと変わった味が出た。

まだ小さな蕾もあり、これからけっこう長い間楽しめるかもしれない。

桜というのは、蕾のうちにはピンクの色素が凝縮されているので色が濃いが、咲ききってしまうと、色素が散らばって、白っぽくみえるものらしい。なるほど、この写真でそれが確認できる。

気象予報士の森田正光さんが、ラジオで 「毎年、いろいろな人に 『今年の桜は白い』 と言われる」 と言っていた。これはまったくの錯覚らしい。蕾のうちに濃いピンクだったものが、開いてしまうと薄くなるので、ことさらに 「今年の桜は白い」 と感じられるもののようだ。

明日は仕事で米沢に行く。車で行くので早起きだ。途中で、桜の満開が見られるといいのだが。

|

« 卯月十四日の歌 | トップページ | 卯月十六日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卯月十五日の歌:

« 卯月十四日の歌 | トップページ | 卯月十六日の歌 »