« 皐月二十九日の歌 | トップページ | 皐月三十一日の歌 »

2007年5月30日

皐月三十日の歌

さりげなく花芥子はただ咲きにけり皐月の風に少しく揺れて


0705301

何気なしに撮った写真だが、何しろ、花の名前にすら疎いぐらいだから、実際のところはよくわからないけど、多分、ケシの花である。

で、ふと気になって調べてみたのだが、これって、もしかして、栽培の禁止されている種類のケシなんじゃなかろうか。

それでも、このタイプのケシなんて、そこら中に自生していて、来月になれば、花の季節が終わって芥子坊主が目立つようになる。それは昨年の六月の和歌ログにも収めてある (参照)。

何だか、誰も気にしていないみたいなのだ。ちょっときれいな花の咲く野草という扱いである。私としては、きれいな花の見られるのがうれしいので、そっとしておこうと思う。それに、この程度の量では、例えアヘンの取れる種類だったとしても、とても採算に乗らないだろうから。

|

« 皐月二十九日の歌 | トップページ | 皐月三十一日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皐月三十日の歌:

« 皐月二十九日の歌 | トップページ | 皐月三十一日の歌 »