« 皐月三日の歌 | トップページ | 皐月五日の歌 »

2007年5月 4日

皐月四日の歌

川風の吹く道に沿ひ鯉のぼり滝昇るごと身を揺らしをり


この辺りは鯉のぼりを飾るのが盛んな土地柄で、以前はこの季節になると、あちらこちらに盛大な鯉のぼりが見られたが、最近は少子化のために、あまり見られなくなってしまった。

それでは、せっかくの鯉のぼりが死蔵されてしまってつまらないということになったのだろう。今年は、近くの小貝川の岡堰というところで、鯉のぼりを飾って川を渡してしまうと言う試みが出てきた。

ニュースなどでは見たことがあるが、実際に生で見たのはこれが初めてである。なかなか壮観なものだ。

週間天気予報ではこどもの日には天気が崩れると言っていたのだが、崩れるのは明後日に持ち越したようで、明日は見物が大勢押し寄せるだろうか。

|

« 皐月三日の歌 | トップページ | 皐月五日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皐月四日の歌:

« 皐月三日の歌 | トップページ | 皐月五日の歌 »