« 皐月十二日の歌 | トップページ | 皐月十四日の歌 »

2007年5月13日

皐月十三日の歌

残りしは骨と写真と人々の記憶の中の笑顔なりけり


母の葬儀が終わった。今、実家の中はごった返している。整理には少し手間がかかるだろう。我々は明日帰路に着いてしまうのが心苦しい。

母の女学校時代の友人も、大勢参列してくれた。その中の、とくに仲のよかった一人が、顔をくしゃくしゃにしながらも、素敵なはなむけの言葉を言ってくれた。

「決して自分を強く主張するわけではないけれど、いつもにこにこしてくれていて、私たちとしては、その場にいてくれないと困る人、いてくれないと、なんだか足りない気がする人、そんな人でした」

そうか、母は確かにそんな存在だったのだ。どこでもそんな風な。認知症になってからまで、そうだったし。ただ、これからはいつも 「足りない」 気持ちでもいられない。

火葬場で骨を拾いながら、もう母はこの世にいないのだ、残ったのは骨と写真しかないのだと思った。しかし、人々の心の中に残るあの笑顔は、まだ生き続けているという気がした。

|

« 皐月十二日の歌 | トップページ | 皐月十四日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皐月十三日の歌:

« 皐月十二日の歌 | トップページ | 皐月十四日の歌 »