« 皐月十六日の歌 | トップページ | 皐月十八日の歌 »

2007年5月17日

皐月十七日の歌

切り通し暗き坂道昇り切れば不意に広がる田は緑なり


0705171

俳句の世界には 「若葉寒」 (わかばざむ) という季語があるそうだ。若葉が出揃う頃、つまり今頃の季節に肌寒い陽気の続くことをいう。

若葉冷 (わかばびえ)、青葉冷 (あおばびえ)、田植冷 (たうえびえ) などともいうらしい。四月末からの連休の過ぎまでは夏日になることもあって、汗ばむ陽気だったが、それからこっち、涼しい日が続いている。

母が亡くなって通夜と葬儀を執り行った十二、十三日あたりも、涼しい風が吹いた。明日はまた夏日になるらしい。

近所に、切り通しの坂道の先に一面田んぼの見渡せるところがある。私はこの道からの景色が好きで、なんとか写真に表現したいと思うのだが、どうしても雰囲気を出せない。本当は、この写真よりずっと晴れやかな景色なのだが。

|

« 皐月十六日の歌 | トップページ | 皐月十八日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皐月十七日の歌:

« 皐月十六日の歌 | トップページ | 皐月十八日の歌 »