« 皐月二十八日の歌 | トップページ | 皐月三十日の歌 »

2007年5月29日

皐月二十九日の歌

涼風に薄紅葵の蜜を吸う蜂の羽音のしめやかに満つ


昼過ぎから曇りがちになってしまったが、朝のうちはとてもいい天気だった。土手の道に、マーロウの花が咲いている。和名は 「ウスベニアオイ」 というらしい。

多分、我が家の庭で育てていたのが、飛んでいったのだろうと思う。マーロウにはいろいろ変種があるらしいのだが、花の形が我が家のものとまったく同じだからだ。

このマーロウの前に立つと、蜂の羽音がブンブンと聞こえる。よくみると、何匹もの蜂が蜜を吸いに飛んできている。

空に満ちている鳥の声は賑やかだが、花の周りには蜂の羽音は、目立たずしめやかに聞こえる。それでも、命の気配の満ち満ちているのが感じられるのは、夏が近づきつつあるからだろう。

|

« 皐月二十八日の歌 | トップページ | 皐月三十日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皐月二十九日の歌:

« 皐月二十八日の歌 | トップページ | 皐月三十日の歌 »