« 皐月十五日の歌 | トップページ | 皐月十七日の歌 »

2007年5月16日

皐月十六日の歌

幼き日思ひ描きしに似て非なる二十一世紀の光景よ


母の葬儀から戻って、再び本格的な仕事が指導した。

最初の仕事は、関東経済産業局に書類を提出することである。この書類は関係先の事業関連のもので、先月から準備に取りかかって、今日が提出締め切り日だったものだ。

締め切り直前になって母が亡くなったため、書類を書き上げるのと添付書類の準備が、かなりバタバタになってしまったが、何とか間に合ってほっとした。

関東経済産業局は、さいたま新都心にある。駅を降りると周辺には、さいたまスーパーアリーナを始め、モダンな建築がひしめいている。幼い頃に思い描いていた 「二十一世紀の光景」 というものに近いような気もするし、違うような気もする。

|

« 皐月十五日の歌 | トップページ | 皐月十七日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皐月十六日の歌:

« 皐月十五日の歌 | トップページ | 皐月十七日の歌 »