« 水無月十八日の歌 | トップページ | 水無月二十日の歌 »

2007年6月19日

水無月十九日の歌

夕暮れと逆方向の陽射し浴び白く輝く朝の駅前


0706191

朝、都心方面に仕事で出かける時には、急いでいるので後ろを振り返ることなどほとんどない。だから、取手駅から西口方面を見渡すのは、夕方以後、帰宅するときしかない。

今日、何の気まぐれか、朝に取手駅の入り口で後ろを振り返ってみた。すると、夕方の景色とかなり印象が違うことに気付いた。

西口なので、夏の夕方は沈む太陽に向かい合うことになる。当然にも、景色は逆光である。しかし、朝の陽射しは背後の東側から当たるので、ビルの壁がすっきりと白い。

いつもと違うことをするということは、結構大切なことだと気付いた。さらに、それをするためには、心に余裕を持つことも必要だということもわかった。

|

« 水無月十八日の歌 | トップページ | 水無月二十日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水無月十九日の歌:

« 水無月十八日の歌 | トップページ | 水無月二十日の歌 »