« 文月十七日の歌 | トップページ | 文月十九日の歌 »

2007年7月18日

文月十八日の歌

大江戸と大東京の道筋の交わる角に幻は立つ 


神田岩本町の辺りは、初めて来る人に道案内をするのがなかなか難しい。

お江戸八百八町の頃から、基本的には碁盤の目のような道が通っているのだが、まっすぐのように見えて微妙に曲がっていたりするので、なかなか手ごわい。

その上、幹線道路や山手線が、碁盤の目に対して斜めに走っているので、かなり錯覚しやすい。まっすぐに歩いているつもりが、途中から全然見当はずれになったりする。

写真は岩本町交差点。碁盤の目の上に、斜めに靖国通りが走り、道の交わり方として、三角がやたらに多い。初めての人は、この辺りで、自分がどっちに向かって歩いているのか、混乱してしまう。

お江戸から東京に変わった街では、ふとしたポイントで幻想が立ち上る。

|

« 文月十七日の歌 | トップページ | 文月十九日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文月十八日の歌:

« 文月十七日の歌 | トップページ | 文月十九日の歌 »