« 文月二十七日の歌 | トップページ | 文月二十九日の歌 »

2007年7月28日

文月二十八日の歌

ひむがしに淡き光の帯びてよりひた待ちていま日は昇り来ぬ


0707281

土日はまとまった雨が降りそうな予報が、金曜日当たりまで続いていたはずなのに、今日はまずまずの天気で、蒸し暑い陽気だった。夕方に通り雨があったが、すぐに止んでしまった。

写真は、今日の日の出。

明日の日曜日の降水確率は 八十%ぐらいになっていたはずなのに、今日、予報をみたら午前中は二十%となっている。

実は、明日の午前中は町内会の一斉草刈りがある。この草刈りは、実は二十二日に予定されていたのだが、雨天順延になった。で、二十九日も雨の予報だったので、密かに休ませてもらえるものと期待していたのだが、そうもいかないようだ。

近頃、休み無しで働いていて、かなり疲れ気味なので、本当は休みたかったんだが、仕方がない。草刈りが終わってから、ちょっとだけ昼寝をさせてもらおう。

 

 

|

« 文月二十七日の歌 | トップページ | 文月二十九日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文月二十八日の歌:

« 文月二十七日の歌 | トップページ | 文月二十九日の歌 »