« 文月二十四日の歌 | トップページ | 文月二十六日の歌 »

2007年7月25日

文月二十五日の歌

梅雨明けを前に青空広がりて生まれ日を前に年取りぬ我は


0707251

関東の梅雨はまだ明けない。昨日は快晴だったが、空気の質が 「夏」 ではなかった。

昨日は湿度が二十数パーセントしかなかったらしい。暑い割にすがすがしかったのはいいが、「梅雨明け」 後に日本を覆うはずの太平洋高気圧の、じっとりと暑い空気ではなかったというわけだ。

大陸の高気圧が優勢なうちは、まだ本格的な夏じゃない。まあ、「冷夏」 をもたらすオホーツク高気圧でなかっただけましだが。

ニュースでは、梅雨明けは八月にずれ込むかもしれないなどと言っている。明日は私の誕生日なのだが、梅雨明け前に年を取ったのは、今までに十回以下である。

そういえば、日本人は民法によって、誕生日の前日には年を取るんだった。以前、ブログで書いている (参照)。ということは、今日で五十五歳である。へぇという感じだ。

|

« 文月二十四日の歌 | トップページ | 文月二十六日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文月二十五日の歌:

« 文月二十四日の歌 | トップページ | 文月二十六日の歌 »