« 文月八日の歌 | トップページ | 文月十日の歌 »

2007年7月 9日

文月九日の歌

山桃のまだ青き実の慎ましき光沢見ゆる舗道の葉陰


0707091

昼時、神田岩本町の街を歩いていると、街路樹に小さな実のなっているのを見つけた。真ん丸の実だが、よく注意してみないと目立たない。

こうしたものにふと目が止まるようになったのは、毎日更新の和歌ログのために、写真も毎日撮っているので、目の感度がよくなってきたからかも知れない。

視力は落ち、眼科医には老眼だの乱視だのと言われて、眼鏡をかけるようになって 十年近くになるが、そうした数値的なものと目の感度というのは、連動しないようだ。

以前は見えなかったものが見えるようになったというのは、うれしいことである。

インターネットで検索してみたのだが、これはどうやら、ヤマモモという木の実ではないかという気がする。手入れが楽なので、街路樹にも用いられるという。実は熟すともっと赤くなるようだ。

|

« 文月八日の歌 | トップページ | 文月十日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文月九日の歌:

« 文月八日の歌 | トップページ | 文月十日の歌 »