« 文月二十八日の歌 | トップページ | 文月三十日の歌 »

2007年7月29日

文月二十九日の歌

土手の道に刈り残したる姫女苑薄紅葵雨を待ちゐる


めでたく午前中は晴れて、恒例の町内一斉草刈りが敢行された。

大変な蒸し暑さで、途中で水分補給しながらの奮闘。小型エンジン付きの草刈り機で、土手に生えた雑草をまるでローラーのごとく刈る。

委細構わずどんどん刈り取っていくが、ところどころ、ウスベニアオイやヒメジョオンがぽつりぽつりと生えているので、そこだけは慎重に避けておく。このくらいは残して置いた方が、風情というものだ。

通りがかる人だって、きちんと避けて歩いてくれるだろう。

作業が終わってからは、シャワーを浴びて昼食をとり、そのままばったりと寝てしまった。近頃はずっと休みなしの状態だったから、今日は貴重な休日である。

三時頃、某党の関係者からの 「棄権防止のお電話」 とやらで、昼寝から覚まされた。まったくもう、そんな要らぬおせっかいされなくても、夕方にはちゃんと投票に行くのに。

雨はぱらりと降っただけで、すぐに止んでしまった。本格的に降って、明後日頃に上天気になれば、気象庁も気持ちよく梅雨明け宣言できるのだろうが、なかなかはっきりしない。

|

« 文月二十八日の歌 | トップページ | 文月三十日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文月二十九日の歌:

« 文月二十八日の歌 | トップページ | 文月三十日の歌 »